Spotインターホン XDS01のご紹介

XDS01 Spotインターホン(電話式)
呼び出し先1ヶ所用電話式インターホン。配線工事が不要のため、どこでも簡単に設置可能で、費用も大幅に削減。
※一般電話回線ではなく、携帯(PHS)をご使用の場合電話配線工事も不要となります。

概要

オートロックがあると不審者が勝手に入ってこなくなります。不法侵入をシャットアウトするためにオートロックシステムの設置が必要になってきました。オートロック化されているマンションの訪問者対応はインターホンにより行われていますが、既存のインターホン設備を導入すると膨大な費用のため導入できないのが実情です。
この装置はインターホンの回線に一般電話を用いるため、インターホンの配線工事や機器を使用しないでその目的を可能にした最新のシステムです。

xds01概要

一般電話回線の代わりに、携帯のかけ放題プランを利用することも可能です。
かけ放題のプランについて詳しくはこちら

特徴

本装置は、電話回線又はPHSから発信して使用するインターホンです。呼び出し先が1ヶ所のみのスモールオフィスや施設で使用します。通常のインターホンと違い、次の機能を有しています。

  • 来客の呼び出しは電話回線を通して電話機にかかります。来客と通話中に電話機で*ボタンを押すと電気錠を解錠します。携帯電話にかける事もできますので、不在時にも対応することができます。
  • インターホンの設置場所に電話回線が引いていない場合は、PHSとインターホンを接続してダイヤルする事ができます。また、PHSの契約を、かけ放題プランにすると通話料を一定にする事ができます。
  • 電話番号の登録方法は2種類あります。
    ①インターホンへ電話を掛けてトーン信号で設定する
    ②インターホンとパソコンをシリアルケーブルで接続して設定する
    遠隔地から操作可能な為、すぐに設定を変更することができます。
  • 電話機でインターホンに対応するため、専用インターホン端末を準備する必要がなく、後付でも低価格で容易に設置できます。
  • インターホンという性質上、通話時間はあまり長くなく、通話料はそれほどかかりません。また通話時間の制限をかけることが出来ます。

操作方法

インターホンを使用する為の基本的な操作方法です。
1.来客が呼出ボタンを押すと、登録した電話番号にダイヤルします。
2.電話を取ると、来客とインターホンを通して通話する事ができます。
3.通話中に電話機で*ボタンを1秒程度押すと電気錠を解錠します。

xds01操作

設定方法

設定は次の2つの方法でできます。
1.インターホンへ電話を掛けて設定する(トーン信号による設定)
2.インターホンとパソコンをシリアルケーブルでつないで設定する

仕様

項目
内容
備考
電源電圧AC100V(50Hz 60Hz)
ACアダプタ出力12V
ACアダプタケーブル1.5m
消費電力1W(TYP)最大2W
リレー接点出力端子2
リレー接点出力定格最大24V 1A絶対に定格を超えないでください
設定方式・電話をかけDTMF(トーン)信号で設定
・シリアル
制御方式電話機からDTMF(トーン)信号で制御音声ガイダンスあり
使用環境温度0~40℃
(湿度20~80℃)
ただし結露なきこと
サイズ(W x H x D)100 x 152 x 46 mmねじ突起物を含まず
質量350gオプション含まず
XDS-01パンフレット
パンフレット

XDS-01 取扱説明書
取説

XDS-01 設置説明書
取説
ページのトップへ戻る